• HOME
  • CONCEPT
  • GUIDANCE
  • COST
  • STAFF
  • BLOG
  • RECRUIT

審美歯科

美容院にはどのようなことを考えて通っていますか?

「髪が伸びて、セットが整わなくなったから」、「髪の色を変えたくなったから」、「髪の毛が傷んできたから、トリートメントをしてほしいから」。理由はそれぞれですが、どれも髪という体の一部であり特定の機能を果たしつつ容姿の一部でもあるものを大事に思っての結果です。

歯も同じではないでしょか。歯は放っておくと歯垢が固まり菌に蝕まれたり、食べ物や嗜好品から着色します。この場合、着色に対してはトリートメントを施すことが出来ます。
しかし、蝕まれた歯は削らなくてはなりません。
削った歯はもう戻っては来ません。
ではなぜ私たちは髪を大事にするように歯を大事にしたり、キレイにしたりしないのでしょうか。
キレイな人のことを思い浮かべたとき、その人はキレイな歯をしていませんか?肌や髪だけでなく歯も見られているのです。

歯を白く見せたい

笑顔は一番歯を見せる表情です。楽しいとき、面白いと感じたときに歯を気にして笑えないとしたら、喜びが半減してしまいます。反対に、白い歯に自信があれば笑顔にも自信が持て、楽しさも倍増します。同じ笑顔であれば、自分の好きな笑顔で毎日を送ってみませんか。

ホワイトニングの治療方法は、表面にホワイトニング剤を塗布し、歯と歯ぐきに優しい特殊な光を当てて、黄ばみの色素を分解して歯を白くしていく方法です。痛みはなく、歯を削る必要もありません。

スイートホワイトニング(オフィス)

ビヨンドシステム

ご自宅で行うホワイトニングとは違い、専用の機械を用いて医院にて行うオフィスホワイトニングは数週間を要するホームホワイトニングとは違って、1度の短時間の施術で効果が大きいため、ホワイトニングをお急ぎの方におすすめです。
過酸化水素水を主とした薬剤を歯に塗布し、強力なハロゲン光で照射します。
このハロゲン光は熱はなく、紫外線もありませんのでご安心ください。

ホームホワイトニング〜ナイトホワイトエクセル〜

ナイトホワイトエクセル

ちょっと歯を白くするくらいで通院するのは忙しくて難しいという方向けの、ご自宅で行うホームホワイトニングです。
口内の洗浄や、歯形にあったトレーをつくるために、最初のうちだけ通院いただいた後は、ご自宅でトレーに薬剤を塗布し2時間歯に装着するだけです。これを2、3週間行うと2、3年は白さを保つ歯になります。
薬剤の主成分は過酸化尿素です。このキットはアメリカでは有名なホワイトニング材なのですが、日本で初めて厚生労働省により認可された安心のホワイトニングシステムです。

〜セラミックラミネートベニア〜

遺伝的にホワイトニングだけでは白い歯にならない場合や、歯の形態を直したい時に歯の表層を少し削り、セラミックを貼る方法です。治療期間は2回程度の通院で済み、材質はセラミックですから歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、大幅な歯列矯正はできませんが、セラミック片の形や大きさを調整することで多少の歯並びや歯の形を修正できます。

補綴

以前は金属を使用しないと強度的に成り立たなかったセラミックですが、技術の格段の進歩により金属を使用しなくても十分な強度を得られるようになりました。そのおかげで、金属の弱点が一掃されつつあります。
どうせ自分の歯は削ってしまうのだからと、いびつな銀色のかぶせものに妥協してはいませんか。
かぶせ物だからといって見た目へのこだわりを諦めなくてもいいのです。ものによっても、光りの透け方や色のような外見の違いから、硬さや経年劣化の仕方などに違いがあります。患者様のご要望に合った補綴物をご提案いたします。

クラウン

大きな虫歯を治療した歯や、歯根まで蝕まれた歯に行う根幹治療をした歯の全周を削り、かぶせるのがクラウンです。従来は「銀歯」と呼ばれる銀のかぶせ物が一般的でしたが、今ではいろいろな種類があります。たとえばオールセラミックは銀のかぶせものより見た目が自然の歯に近いことはもちろん、金属を使用したセラミックよりも歯の根元まで綺麗な白色をしています。また綺麗なだけでなく、複雑な形をした銀歯よりも簡素な構造をしているので、歯とかぶせ物の隙間から虫歯の菌が入りにくいという利点があります。

金属の裏打ち(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。セラミッククラウンとしての歴史は古く、今現在でも積極的に利用されています。透明性や色調などの審美性はオールセラミッククラウンに比べると劣りますが、まずまずの耐久性と色調があり、値段はオールセラミックよりも低い特徴があります。

ジルコニアとは酸化ジルコニウムを安定化させたもので、人工ダイヤモンドと似た成分でできたメタルフリーの最高級セラミック素材です。強度が金属より硬くて軽く丈夫で、腐食がおこらず生体親和性が高く、しなやかさ、美しさを兼ね備えています。ジルコニアは汚れが付きにくいので、航空工学の分野で使われることもあり、歯科治療では歯周病予防に適しています。

オールセラミックは銀のかぶせものより見た目が自然の歯に近いことはもちろん、金属を使用したセラミックよりも歯の根元まで綺麗な白色をしています。また綺麗なだけでなく、複雑な形をした銀歯よりも簡素な構造をしているので、歯とかぶせ物の隙間から虫歯の菌が入りにくいという利点があります。

インレー

全体的に削るような大きな虫歯でなければ、削った穴を埋めるのがインレーです。
こちらもクラウンと同じく銀色の保険適用のものもありますが、金属の見た目の派手さが気になる方は白いインレーを使います。

ハイブリッドセラミックインレーはセラミックの粒子とレジンを混ぜた詰め物です。セラミックよりも硬くはないため、セラミックより削れやすいですが、それは噛み合わせの際に他の歯を削ってしまうなどの影響を起こしにくいということでもあります。またセラミックに比べると変色も起こりやすい材質です。

全体が完全なセラミック素材のインレーです。ハイブリッドセラミックインレーに比べ、透明感に優れ、とても綺麗で丈夫なセラミック歯です。また、ハイブリッドセラミックインレーの様にレジン(プラスチック様の素材)を一切使用しておらずセラミック材料のみでできているので、汚れを吸収し、時間の経過とともに黒色や黄色に変色してしまうということも一切ありません。

金合金や白金加金などの科学的に安定した貴金属を歯科修復材としたクラウンです。しなやかな(軟らかい)金属で歯との相性は抜群です。金属色にはなりますが、歯科修復材として高く評価されており、奥歯(臼歯)など目立たないところにお勧めです。歯との接合性が高く、2次カリエス、つまりかぶせ物をした後に隙間から菌が入り込んで虫歯になるということが起こりにくいです。

ページトップへ