• HOME
  • CONCEPT
  • GUIDANCE
  • COST
  • STAFF
  • BLOG
  • RECRUIT

インプラント

永久歯が破折してしまったり、虫歯により抜歯になってしまった場合、部分入れ歯やブリッジ入れ歯の他に、インプラントという人工歯根を顎骨に埋め込む技術も選択肢としてあります。

入れ歯のようにかぶせて使用するのとは違い、骨に埋め込むためより確かな噛みごたえを感じることが出来ます。
義歯が必要になった際はインプラントも選択肢の一つとして、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

インプラントって何?

インプラントは体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。
1952年に金属のチタンを骨の中に埋入させると、骨と結合することが発見されてからインプラントが医療において注目されるようになりました。

80年代頃から歯科治療で利用され始め、今では臨床実績も増え確固たる歯科治療法の一つとして認知されています。

インプラントが選ばれる理由

審美性

インプラントは人工歯根の上に人工の歯を装着する技術ですが、人工の歯の製造技術も相まって見た目が自然の歯と変わりません。天然歯に限りなく近い色や透明感、輝きが再現できるセラミックやハイブリッドセラミックなどの人工歯が提供されています。

安定性

インプラントは顎の骨と結合させるので、安定性があります。ぐらつく人工歯は頼りなく、このさきも利用し続けていいのか不安にさせます。インプラントのねじ状の部分は骨との結合が強力になるように、そのように設計されています。また、日々インプラントの構造や、塗布する液体などをどうすれば骨との結合が強くなるか、研究が重ねられています。

咀嚼力

入れ歯の噛む力は天然歯の20分の一程度と言われています。インプラントの噛む力は天然歯と変わりません。固いものも気にせずバリバリと噛むことができます。

快適さ

インプラントは入れ歯とちがい、食べ物が歯肉と装着物の間に入り込んだりすることがありません。
天然の歯のときと同じように食生活を送ることが出来ます。

ブローネマルクのインプラント

当院ではスウェーデンのノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントを採用しています。ブローネマルクインプラントは世界初のインプラントであるため、最も長い臨床実績があります。ブローネマルクインプラントの表面性状は現在ではタイユナイト(Ti Unite)という、ノーベルバイオケア社独自のものになっています。

これは、インプラントの表面に厚い酸化層とミクロの孔を設けることにより、骨がその孔の中に入り込み、骨とインプラントの結合を促進するものです。
ブローネマルク・インプラントは1本の歯を失ってしまった方から、複数の歯を失ってしまった方まで、10年経過後の残存率が97%という高い成功率を誇り、40年以上前に行なわれた世界初のインプラントが現在まで完全に機能し後遺症もないと報告されていることから、極めて信頼性の高いインプラントであると言えます。

ページトップへ